山口県立防府高等学校同窓会九華会
   
  防高音楽館- 山口県立防府中学校  
 
 

県立 防府中学校

楽譜:校歌

【合唱版】
試聴する


校歌
一. 二. 三. 四.
分化開きしそのかみの、
国の府(みやこ)の名を負ひて、
基礎(もとゐ)定める学び舎(や)に、
集ふ吾等ぞ幸多き。
文(ふみ)の御神にあやかりて、
赤き心の炬火(きゃくわ)とりつ、
闇の隈(くま)をも照すべく、
起(た)てよ諸共わが健児。
緑変わらぬ桑の山、
流絶えせぬ佐波の川、
絶えず変らず一途(ひとすぢ)に、
励め諸共わが健児。
国の隆盛世の平和、
担(にな)ふ我等の任重し、
永久(とは)に理想の光見て、
いざや進まむ諸共に。

楽譜:惟精寮々歌

惟精寮々歌
一. 二. 三. 四.
春駘蕩の鳥の声
秋冷瓏の露の玉
月江上に風薫る
維新の龍の栖家なる
白雲棚引く周南に
立つや惟精の健男児
芙蓉の峯の雪よりも
み空に澄める月よりも
清き心の武夫が
袖に穢を宿さじと
自治の大旗勇ましく
満を持してぞ時をまつ
魔神怒りて雲を駆り
魑魅雷霆を叱咤して
風塵闇く天を霞い
天に嘯き地に荒れて
大和島根に寄する時
蹴って散らすはそも誰ぞ
聖者の楯を打翳し
正義の征矢の音高く
仇なす叢雲打払ひ
勝鬨あぐる雄叫びは
七千余万の同胞に
醒めよ栄華と響くなり

応援歌
一. 二.    
世は滔々と春の夢
人行楽に迷ふとき
雲か龍か防中の
健児の意気や湧きたちぬ
日常鍛へし選手等の
燃ゆる意気をば君しるや
それ六百の熱血の
枠をあつめし選手等が
涙そそぎて磨きたる
手練を示すは今なるぞ
いざや来たれと選手等の
燃ゆる血潮を君見ずや
   

楽譜:紅の旗ゆくところ

応援歌:紅の旗ゆくところ
一. 二.    
紅の旗 ゆくところ
月のような 桂をけづり
不断の松明 打ちふり翳し
永世の闇を 照せかし
いざや立て 防中の選手
波立ち騒ぐ 周防の灘に
鍛へに鍛へし その功を
九華の山に かがやかせ
   

楽譜:野球部応援歌

野球部応援歌(大正6〜8年頃)
一. 二.    
春太平の山静か
秋七星の天高し
寿光の精を集めたる
勇士の概は世を蓋ふ

朝(あした)九華に身を鍛へ
夕(ゆうべ)鞠生に技はなりぬ
小緑深きオリイブの
ほまれかざさん時は今

フレー周陽
フレー周陽
フレーフレーフレー周陽

   

楽譜:戦雲晴れて

応援歌1:戦雲晴れて 大正13年頃    
一. 二. 三.
戦雲晴れて東雲(しののめ)に
金鳥静に昇るとき
平和の鳩の天翔(あまがけ)り
覇業成りにし丈夫(ますらお)よ
いざや挙げなん勝鬨(かちどき)を

蟄龍雲を望みつヽ
昨日臥薪の血の涙
今日力戦の功なりて
早くも得たる戦勝の
誉や高く応儀仰がれん

鎧袖一触敵の影
飛花落葉と散りはてぬ
月桂ひとり栄ゆるとき
波の鼓樂を永久に
載せて流るヽ佐波の川

楽譜:扶揺万里

応援歌2:扶揺万里
一. 二. 三.
扶揺万里の風に乗り
若き血潮を躍らせて
図南の鵬翼張らんとす
久米山麓の呉選手

秋天高く馬肥えて
健児の意気や天をつく
高き雄叫び風捲て
雄図は今やならんとす

蚊龍池中のものならず
希望に満てる同胞が
鍛へし腕の今日冴えて
かちどき高し九天に
 
掲示板 もどる TOP 上へもどる TOP